Pocket

 

今さらではありますが、世界的にも利用者の多いオープンソースのブログ/CMSプラットフォームであるWordPressのインストールからセットアップまでの手順をご紹介します。(ほとんど自分のメモのためです!)

※今回はMac/XAMPP環境に構築します。

 
 
 

WordPressをインストールする

 

①WordPressをダウンロードする

WordPressのダウンロードは、WordPress.ORG 日本語よりダウンロードします。
WordPress.comではありませんので注意してください!

wordpress_download

 
 

②phpMyAdminでDBを作成する

WordPressではMySQLというデータベースを使用するため、phpMyAdminという管理ツールでWordPress用のデータベースを作成します。

XAMPPを起動後、http://localhost/phpmyadminにアクセスすると、phpMyadminの画面が表示されますので、データベース名を入力後、照合順序を「utf8_general_ci」にしてデータベースを作成します。

wordpress_phpmyadmin

 
 

③wp-config.phpを編集する

ダウンロードしたwordpressフォルダ直下のwp-config-sample.phpを編集していきます。

編集する箇所は大きく分けて、MySQL接続情報、認証用ユニークキーの設定、データベーステーブル接頭辞の設定があります。
それぞれ以下のように変更していきます。

・MySQL接続情報

wp-config_sample

 

・認証用ユニークキーの設定

wp-config_uniq_key

認証用ユニークキーは、https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/にアクセスすると、自動で乱数を作成してくれるので利用すると良いかもです!

 

・データベーステーブル接頭辞の設定

wp-config_table_prefix

データベーステーブル接頭辞はセキュリティ上、「wp_」以外にすることをおすすめします!

 

編集ができたら、ファイル名をwp-config-sample.php→wp-config.phpに変更して保存しておきます。

 
 

④Wordpress ファイルを配置する

いよいよファイルを配置します。サーバーに配置する場合はFTPクライアントツールなどを使い指定の位置にアップロードを行います。
今回はローカルに作成するので(Mac/XAMPP環境)、「サイト」フォルダにファイルを配置します。

 
 

⑤WordPressにアクセスする

配置したWordPressにアクセスしてみましょう。
たとえば、ローカルの「サイト」フォルダ直下に配置をした場合、XAMPPを起動している状態でブラウザから「http://localhost/~USERNAME/wordpress」にアクセスします。

 
 

⑥インストールの設定を行う

正しくアクセスできると、このような画面が表示されます。

worepress_setting_top

 

内容に従って入力を進めていきます。
ユーザー名はセキュリティ上、adminは使用しないでください!!!

また、ローカルに環境を作る場合は特に気にする必要はありませんが、公開用の環境でセットアップする際は公開の準備が整うまでは「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する。」のチェックボックスはチェックを外しておきましょう!

 

入力が完了すると、ログイン画面へと移動しますので、先ほど入力したユーザー名、パスワードでログインします。

 

きちんとログインができればセットアップ完了です!

wordpress_top

ログインできました! :)

 
 
 

まとめ

 

今回は、WordPressのインストールから、セットアップまでをご紹介しました。
基本的な内容ですので一度行えば、次からは簡単にセットアップまで行えるようになると思います!

 

ここまで行えばブログを書き始めることができますし、ブログ以外の無料のテーマもたくさんそろっているので、コーポレートサイトなど、さまざまな場面で活用してみてはいかがでしょうか?

 
 
 

長文お読みいただきありがとうございました。
それでは!

 

Pocket

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © team naporitan All Rights Reserved.