Pocket

 

Instagramに投稿した写真を取得して表示するための準備として、APIの使用に必要なアクセストークンを取得する方法をご紹介します。

 
 
 

Instagramにアプリケーション登録をしよう!

 

Instagramに投稿している写真を取得するには、アプリケーションの登録を行う必要があります。

アプリケーションの登録は開発者ページから行うため、こちらにアクセスするか、Instagramにログインし、フッターにある「API」をクリックしても開発者ページに進むことができます。

instagram_footer

 
 

開発者ページへ進んだら、「Register Your Application」というボタンをクリックして開発者プロフィールを登録していきます。

instagram_register_button

 
 

開発者プロフィールは、「Your website」(APIを使用するサイトのURL)、「Phone number」(自分の電話番号)、「What do you want to build with the API?」(APIの使用目的)をそれぞれ入力し、利用規約を読んだ上で「I accept the API」にチェックを入れて「Sign up」ボタンをクリックします。

instagram_signup

 
 

開発者プロフィールの登録が完了すると、「Manage Clients」(アプリケーションを管理)という画面に進みます。
ここから続けてアプリの登録を進めていくため、「Register a New Client」(新しいアプリを登録)をクリックします。

instagram_regist_new_client

 
 

アプリ情報を入力する画面へ移動しますので、それぞれの内容にしたがって入力していきます。

instagram_register_new_client_id

「Application Name」と「Description」は、そこまで重要ではないので、とりあえず現時点での情報を入力しました。
「WebSite」は、登録するサイトのURLを入力し、「OAuth redirect_url」には、アプリ認証用のプログラムの配置先のURLを指定します。

アプリ認証用のプログラムとは、Instagramからデータを取得する際に必要なアクセストークンを取得するためのプログラムになりますが、後で必要になるのはここで入力したURLになりますので、とりあえずinstagram_api.phpとしました。

また、セキュリティ上の問題から現時点では「Disable implicit OAuth」にはチェックを入れておき、「Enforce signed header」はチェックは外しておきます。

Capcherに入力を済ませたら、Registerをクリックします。

 
 

instagram_registered_app

登録が完了すると、管理画面に登録したアプリケーションの情報が表示されます。
ここに表示されている「CLIENT ID」と「CLIENT SECRET」、「REDIRECT URI」はアクセストークン取得の際に必要なパラメータとなりますので、メモを取るなどしておきましょう。

 
 
 

アクセストークンを取得しよう!

 

アプリケーションの登録が終わったら、アクセストークンが取得できます。

まずは、下記URLにアクセスします。CLIENT_ID、REDIRECT_URIはそれぞれ取得したものに書き換えて下さい!

 

もしここで、
{“code”: 403, “error_type”: “OAuthForbiddenException”, “error_message”: “Implicit authentication is disabled”}
のようなエラーが表示された場合は、「Disable implicit OAuth」のチェックを外して再度アクセスしてください!

 

アクセスが成功すると認証画面が表示されますので、「Authorize」をクリックします。

instagram_oauth_authorize

 
 

認証後に表示される画面のURLのACCESS_TOKENというパラメーターの部分がアクセストークンになりますので、メモを取るなどしておきましょう!

 

アクセストークンが取得時に、「Disable implicit OAuth」のチェックを外した場合はチェック入れて更新しておきましょう。

 
 
 

まとめ

 

今回は、InstagramAPIを使う際に必要なアクセストークンを取得するところまで行いました!

 

ポイントとしては、

  1. ・InstagramAPIを使うには、アクセストークンが必要!
  2. ・アクセストークンを取得するにはInstagramに開発者登録とアプリケーション登録をする!
  3. ・アクセストークンの取得に失敗したときは、「Disable implicit OAuth」にチェックを外す!

ですかね!

 
 

アクセストークンの取得まで、少し面倒な手順を踏む必要があったり、途中でエラーが出たりしましたが…なんとかアクセストークンを取得することができました!!
次回は、今回取得したアクセストークンを使って、実際にInstagramの写真を取得して表示する方法をご紹介したいと思います。

 
 
 

長文お読みいただき、ありがとうございました。
それでは!

 

Pocket

COMMENT

  • はじめまして。sallyです。
    Web初心者で教材を使ってPHPなどを中心に基礎から勉強しております。
    InstagramのAPIについて調べていたところ、こちらの記事が大変参考になりました。
    ブログに参考記事として掲載させていただきました。
    http://magicalsally.net/instagram-api-access-token/
    ありがとうございました。
    他の記事でも勉強させていただきます!
    更新楽しみにしています。

    • rhirano
      team naporitan

      sallyさん、はじめまして!
      ご丁寧にコメントいただき、ありがとうございます。
      お役に立てたみたいでよかったです!
      sallyさんのブログも拝見させていただきますね!

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © team naporitan All Rights Reserved.